ノーリフトケアコーディネーターについて

NLCCD(ノーリフトケアコーディネーター)とは

ノーリフトケアコーディネーターとは、ベーシック・アドバンスを修了し、ノーリフト(腰痛予防対策)の知識を活かし、ケアの質を考え活動を行う人たちのことを称します。

NLCCD養成プログラム

オーストラリア看護連盟などが開発したノーリフト3日間プログラムを基本として、日本版にケアを考える実践編(4日間)を追加したプログラムです。

【目的】

受講者がノーリフトケアの知識と技術を理解し、効果的にそして安全に利用者の移乗介助ができるようになること。講習を受けていないスタッフに対して指導し、働きかけられるようになること

【コース】

● ベーシック 3日間

セッション1
ノーリフトケアの理念を知る
セッション2
職場に変化を起こすきっかけをつくる必要性がわかる
セッション3
ノーリフトケアの必要性を説明できる

● アドバンス 4日間

セッション4
職場でのノーリフトケアを導入するための計画を立てることができる
セッション5
ノーリフトケアを通して、誰にどのように働きかければいいのか考えることができる
セッション6
プレゼンテーションを通してノーリフトケアの必要性を伝えることができる
セッション7
職場で実際にノーリフトケアの定着に向けて活動できる
ノーリフトケアを行うために自分にとって必要な課題がわかる

※ 2015年より、旧ノーリフトコーディネータープログラム(3日間)を東京大学淺間一教授とRISTEX研究として実施後改定し、事例検討などが追加された日本版ノーリフトケアコーディネーター養成講座(7日間)となっています。 旧ノーリフトコーディネータープログラム(ベーシック1日 アドバンス2日)を受けられた方は、ノーリフトケアコーディネーター養成講座のアドバンスから受講可能です。

腰痛予防につながる基本的な動作(実技カリキュラムの抜粋)

(例)体重の落とし方

(例)椅子の運び方